麻薬の影響について
2010 / 05 / 12 ( Wed )
麻薬はこれからの若い人に入り込まないように注意しまくては。

最近よく取り沙汰されるドラッグ関係の話題を「ネタりか」より。
メタンフェタミン=『ヒロポン』は、かつて日本で
最も知られ、濫用された魔薬だそうです。
戦争中も、兵士たちの士気を高めるために支給されていた
というのですからビックリ。
その辺の薬局で精力剤として『ヒロポン』という商品名で
売っていたんですって。

今後もエアロバイク解体新書でみてみます。

(・・・数分後)
ちょっと調べてみましたら、昏睡、手術後の虚脱状態、
統合失調症における遅鈍症、ナルコレプシー等に対し
施用されることがあるそうです。
今でも医療で使われているとは知りませんでした。

現在ではヒロポンは、ごく限定的な医療用途での使用以外の所持、
使用、生産は禁止されているそうですが、メタンフェタミンが
医療で使用されるのってどんな時なんでしょう、
モルヒネならばわかりますが。

どうしても焼肉通販がいいんです。



麻薬はなぜ“魔薬”なんだろう(メタンフェタミン)
http://netallica.yahoo.co.jp/news/121350

その手の本で読んだのですが、この『ヒロポン』の
中毒者が続出したことで、1951年に覚せい剤取締法の制定と
施行がされたとのこと。

メタンフェタミンとは、ギリシア語の「労働を愛する(philoponus)」
から名付けられた説が有力で、作用は、気分が高揚し、
幸せで自信に満ち、疲労感もなくなり、集中力や運動能力の増大など、
たくさんのメリットがある半面、頭痛や妄想、抑鬱、
血圧上昇などの副作用もあり、慢性中毒としては、幻覚、狂暴性、
脱力感など。

参考☆レーシック失敗

どうか、取締りが強化されますように。
健康 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
脳ドッグに予約殺到
2010 / 04 / 09 ( Fri )
私にも小さな脳動脈瘤があります。

高血圧の持病のある人や喫煙者などで発症の割合が高くなり、
スポーツも一時的に血圧が高まるため、動脈瘤破裂の
引き金を引く心配があるとのこと。
木村拓也コーチ、まだ30代と若いのに、突然の
くも膜下出血による突然死、巨人ファンの家族も
ガックリしていました。

脳動脈瘤があれば、30代で破裂してもおかしくない、
とのこと。
若い人でも、高血圧などの持病があったり、
激しいスポーツをする人などは、定期的に健診を
受けた方がよいみたいですね。
うちも父が高血圧症、義母も高血圧症、と、夫婦そろって
高血圧になりやすい因子があるので、気をつけたいと思います。

看護師求人で病院にいきましょう。

くも膜下出血、動脈瘤膨らみ破裂…高い死亡率
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000690-yom-sci

ニュース記事の見出しだけ見ていた時、木村拓也さん急死、
というような見出しを見て、スマップのキムタクのことかと
勘違いしてしまったわたし。
スマップの方は、木村拓哉、でしたね。

これからも金先物でしょう。


木村コーチを襲ったくも膜下出血では、年間約1万4000人が
命を落としているそうです。
くも膜下出血は、脳の表面を走る動脈に出来たこぶ(動脈瘤)が、
血管の内側からの圧力で少しずつ膨らんだ末に破裂し、脳と、
くも膜の間に出血するもので、死亡する割合は3〜5割と
非常に高い危険な病気のようです。

レーシック失敗も病院へ。

若くしてなくなるのは本当に無念ですね。
健康 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
冷え性対策ってどうしてる?
2007 / 10 / 31 ( Wed )
冷え性なんですけど、対策ってどうしてますか?
私は毎日30分入浴をしてたんですが、
今日友人に入浴もあまりよくないといわれました。
なんか、テレビで入浴もいまいちっていってたとか…。

でもお風呂が一番暖まって、むくみもとれますよね。
さて、同じように冷え性に悩んでいる人のブログをみつけました。

冷え性に悩むブログ
健康 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |