「石油切符」って保管料が8000万円掛かります。
2009 / 10 / 24 ( Sat )

そんなものより今はクラウンアスリートが欲しいですね。

ほとんどの人がその存在を知らなかったという「石油切符」が
政権交代を機にその存在が明らかになりました。
私も今朝のワイドショーでその存在を初めて知りましたが、
司会者の方(私よりも年配の方)も、そんな存在はしらなかった、
と言っていた事に驚きました。

参考:大分車検・車内クリーニング

30年未使用の「石油切符」、倉庫保管料十数億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00001418-yom-soci

その数実に72億枚で、一度も使用されないまま30年間
首都圏の民間の倉庫に保管されていたと言います。

そんなものにお金を使うくらいならエアロバイクに使った方がいい。

その保管料金が年間約7400万〜約8700万円かかっていたと言うから
驚きます。
この費用について今まで支払われてきた分を換算すると
実に少なくとも十数億円に上ると言われています。
5年前から管理費も含める事業の見直しを検討してきたそうですが、
担当する経済産業省は、保管の中止や切符の廃棄が政権交代と
重なったのは偶然だと言っているそうです。

こんなくだらないことはをした日本政府はみんなクールマットで頭を冷やせばいいのにね。

だとしても、なんという無駄遣いをし続けてきたのかと
憤りを感じる人も少なくないでしょう。
そんなに多額なお金を支払っても保管すべきものではないと言う事くらい、
私にだってわかります。

30年だれもこの問題に着手できなかったというのが、
非常に残念でなりませんね。

クラウンってどうしてあんなに高いのでしょうか。


日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |