15歳でオリンピック選手は凄いよね。
2010 / 02 / 23 ( Tue )
また、15歳は恋愛とかしないのかな。

日本をはじめ世界中から注目を浴びた1000メートルスピードスケートに
中学生として史上初の代表入りを果たした高木美帆選手が初舞台を終えました。

こんな15歳でもバストアップを使っています。

高木美帆、ほろ苦五輪デビュー「1500に生かしたい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000530-san-spo

また、氷の上での女性は美しいだから通販ビューティーローズを使って欲しいですね。

本番では地元カナダの選手と同走することになった事で、
会場の雰囲気は一気にカナダ選手への声援でいっぱいになったようです。
その為高木選手のコーチの指示もかき消されるなど、
雰囲気は完全アウェー状態だったと想像されます。

高木選手はまだ15歳、中学3年生ですから
オリンピックの重圧に負けるのも当然と言えば当然でしょう。

参考:エアロバイク

いろんな考えがあるとは思いますが、
高木選手は子どものころからスピードスケート一筋に頑張ってきた選手ではなく、
小学校2年生でサッカーとヒップホップダンスも初め、
競技を絞り込む事をせず伸びやかに成長をしてきた選手なので、
もしかしたら今後はサッカーに力を入れるとか、
驚きの方向転換をしてくるかもしれません。
自分の進むべき道を決めるためにも多くの経験は参考になるはずなので、
五輪での失敗を今後に生かしてもらいたいと思います。

失敗は成功の元ですからね。
日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
日本でもこの問題が認められてきましたね。
2010 / 02 / 16 ( Tue )
やっぱり見た目はたいせつですね。

性同一性障害(GID)に苦しんでいた埼玉県の小学2年男児(8)が
昨年秋から学校に女児としての通学を認められ、元気に登校できるように
なったそうです。

そんなかわいそうな子供にはシステムトレード日経225先物がいいですね。

母親が保護者懇談会で子どもがGIDと診断されたことを
打ち明けたところ異論は出ず、女児としての生活が始まったとのこと。
異論が出ないなら黙っていよう、と、ことなかれ主義の保護者もいるでしょうね、
本音ではよく思っていない、という。

<性同一性障害>理解求め手探り…女児として登校
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100212-00000006-mai-soci

どうしてこんなにコソコソと生きていかなければいけないのでしょうか、
自閉症やダウン症などの障害は手厚く保護されるので、
セクシャルの面での障害に対してはまだまだ寛容的ではありませんよね。

それと、これからは小学校でもバーチャルFXをしましょう。

LBGTの人たちは、小さいころからその違和感に悩むと聞きます。
誰にも打ち明けられず、自殺してしまう子もいるとか。
日本人も、もっとマイノリティに寛大になるべきではないでしょうか。

参考:電子タバコ

なかなか子供でその問題はつらいよね。


日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
スピードスケートのスランプって
2010 / 02 / 13 ( Sat )
若いだけあってメンタル面が弱いのでしょうね。

スピードスケート男子代表のエースである加藤条治(25)さんが、
試合会場となる五輪オーバルで各国の地域代表の希望者が参加して
行われた男子500メートルの記録会に参加しました。

あと、これからは掃除機を使ってスランプをはやく克服してほしいですね。

しかしスタート直後に起きたミスで途中棄権してしまい、
この記録会を「最悪な結果」だと表情を曇らせていたそうです。

それから、出産育児一時金をもっともらっていてもSスケートは滑れます。

加藤選手は先月30日に行われたカルガリーの合宿中の記録会でも
100メートル手前で同様のミスを犯し棄権した事もありました。
スタートがどうしても上手くいかないというスランプから、
一時は回復したかに見えた加藤選手ですが、
五輪開幕目前となって再発してしまったようです。

加藤、記録会棄権 原因不明の大スランプ告白…Sスケート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100209-00000276-sph-spo

参考:シンプルスモーカー

本番でミスをしないようにするしかないと話す加藤選手ですが、
大スランプから抜け出すにはメンタル面での成長が不可欠であり、
残りの時間でそれを克服できるかは、本人次第でしかありません。

私ができることと言えば日本から祈るしかありませんが、
今までフィギュアスケートや女子スピードスケート、
フリースタイルスキーなどに注目していたので、
男子スピードスケートにも目が行くきっかけになりました。
加藤選手をしっかりと応援したいと思います。

なかなか、メンタルが大切ですけどね。

日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
2010 / 02 / 04 ( Thu )
なんだかお笑い芸人は有名になるといいねぇ

昨年のM−1グランプリで頂点に立ったお笑いコンビのバングブーブーに、
熱愛と破局が”同時に発覚”したことがわかりました。

そんな熱愛はクールマットで冷やしてしまえばいいのにね。

3日に放送されるテレビ朝日系の「前説王(まえせつキング)」の収録で、
コンピでのツッコミ担当をしている黒瀬純さんに
交際2年になる一般の女性と同棲している事を告白したそうです。

なんか、パンクブーブーって名前がいけてないよね。ってことで電子タバコだったらどうでしょうか。

一方ボケ担当の佐藤哲夫さんは、9年間付き合った彼女を
お寺の住職に奪われるという残念な過去がある事を告白したそうです。
そしてそれ以降お坊さんを見ると普通の精神状態ではいられなくなるという
いまだにツライ状況を打破していない現実が浮き彫りになっていますね。

パンクブーブー黒瀬に熱愛発覚!相方の佐藤は破局発覚
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000030-sanspo-ent

でもM−1を制覇したお笑い芸人はその後に恋愛運が急上昇するという
ジンクスのようなものがあるそうで、
現に07年の覇者であるサンドウィッチマンは、
昨年二人揃って結婚をしていますし、08年の覇者であるNON STYLEの
石田明さんも一般女性との半同棲が伝えられています。

M−1を制覇したバンクブーブーに二人揃って明るい未来がやってくるのか、
今年の彼らの活躍に注目したいですね。

参考:焼肉通販

なかなかできませんよね。

未分類 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |