日本でもこの問題が認められてきましたね。
2010 / 02 / 16 ( Tue )
やっぱり見た目はたいせつですね。

性同一性障害(GID)に苦しんでいた埼玉県の小学2年男児(8)が
昨年秋から学校に女児としての通学を認められ、元気に登校できるように
なったそうです。

そんなかわいそうな子供にはシステムトレード日経225先物がいいですね。

母親が保護者懇談会で子どもがGIDと診断されたことを
打ち明けたところ異論は出ず、女児としての生活が始まったとのこと。
異論が出ないなら黙っていよう、と、ことなかれ主義の保護者もいるでしょうね、
本音ではよく思っていない、という。

<性同一性障害>理解求め手探り…女児として登校
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100212-00000006-mai-soci

どうしてこんなにコソコソと生きていかなければいけないのでしょうか、
自閉症やダウン症などの障害は手厚く保護されるので、
セクシャルの面での障害に対してはまだまだ寛容的ではありませんよね。

それと、これからは小学校でもバーチャルFXをしましょう。

LBGTの人たちは、小さいころからその違和感に悩むと聞きます。
誰にも打ち明けられず、自殺してしまう子もいるとか。
日本人も、もっとマイノリティに寛大になるべきではないでしょうか。

参考:電子タバコ

なかなか子供でその問題はつらいよね。


日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |