ギャルのみこしが復活したらしいです
2010 / 06 / 14 ( Mon )
おもしろそうなイベントがあるのですね。

今年は平城遷都1300年という記念すべき年に当り、
今年に限って復活し、大学生や会社員など18〜47歳の「ギャル」
24人が参加したそうです。

最近の話題をつかもうでいってたのですが、47歳はギャルですか?

「ギャルみこし」という言葉は初めて聞きましたが、
奈良市中心部にある東向商店街では29日に
約20年に渡って地元の人たちに親しまれてきた
「ギャルみこし」が5年ぶりに復活したのです。

やり遂げた達成感というのは私の想像よりはるかに大きいものだと思います。
普段の生活で“達成感”を味わう機会はそんなにあるものではないので、
みこしに参加した24人は本当にラッキーだったと言えると思います。

午前9時には商店街内のビルで体にさらしを巻き、
法被を羽織って紅白のねじり鉢巻きを頭にしめると、
身が引き締まる思いだったと担ぎ手を務めた人が言っていました。

よく見るのほほんブログではみこしの重さが気になるとか。


今年だけ復活した「ギャルみこし」に参加できた人はそれだけで
大きな財産になるでしょう。
普段滅多に味わう事が出来ない貴重な経験をした今回の担ぎ手は、
休憩しながら約2キロの道のりを2時間半かけて練りまわり、
最初のスタート地点の事務所前に戻りました。


ギャルみこし:5年ぶり、奈良・東向商店街で /奈良
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100530-00000255-mailo-l29

当日は少し練習をした後、午後3時頃に商店街の事務所前で円陣を組み、
「せいや」と声を張り上げて出発したそうです。

私はみこしを本格的に担いだ事は一回もありません。
私のようにほとんどの人が「みこし」を担ぐ経験をした事は
ないと思います。

参考です⇒薬剤師求人専門のコンサルタントが語る業界の裏


これからも続けてください。
日記 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
| ホーム |